l>
TOP
教会の紹介
牧師の プロフィール
集会案内
年間行事
最新のご案内
これまでの説教

フォトギャラリー
アクセス・地図
リンク
これまでの説教

2018年1月28日  マタイによる福音書 4:12〜17  
         「光が射し込んだ」  田村 耕造


               

   主イエスがガリラヤ湖畔の町カファルナウムに住まわれました。それに
 よって、ユダヤ人たちに見捨てられていた場所に、光が射し込みました。
 一人の人が住み始めることで、その地域が変わる事が起こります。陽の当
 たらない場所に、光が射し込むような事が起こります。


   インドのカルカッタの町でも、そのような事が起こりました。マザーテ
 レサが、人知れずあるしんどさを抱えながら、貧しい人たちに仕える生涯
 を貫いたからです。キリストにしかできない働きを、人として限界を超え
 るほど行ったからです。それによって、人々から見捨てられていた人々の
 心に光が射し込みました。


   私たちの人生にも、神さまから遣わされた人たちによって、光が射し込
 みました。神さまに、どれほど大事にして頂いているかを、主の生涯によ
 って知らされました。生きていく上で、何が最も大事なのかを分からせて
 頂きました。ですから、神さまに向き合うことを一番大事にしようとしま
 す。神さまの慈愛に溢れた光の中で生きようとします。




2018年1月21日  マタイによる福音書 4:1〜11  
         「ただ神さまの導きを信じて」  田村 耕造


                   

    主は3つの誘惑を経験されました。それは、洗礼を受けられたのと同じ
 理由でした。ただ私たちのためでした。私たちと同じ所に立とうとしてく
 ださいました。ヘブライ人への手紙にこう書かれています。「イエスは、
 …民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばなら
 なかったのです。」


    主は、私たちが父なる神さまを心から信頼して生きるようになるため
 に、妨げになるものに、御言葉をもって立ち向かって下さり勝利されまし
 た。み言葉に立って生きることが大事です。神さまを中心にして生きるこ
 とが大事です。そうすれば、課題を抱えながらもなんとかやっていけます
 。主はそうした人生の秘密を、身をもって示して下さいました。


    どこまでも私たちと同じになろうとしてくださった主イエスという方
 が大事です。主イエスというみ言葉に立って生きようとすることが大事で
 す。そうすることで、天の父なる神さまを信頼することができるようにな
 ります。ぶれない生き方ができるようになります。人はパンだけでなく、
 神の言葉で生きる者だという人生の秘密を生きることになります。


※そのほかの週の説教要旨は、後日掲載します。

2017年   12月
2017年   11月
2017年   10月
2017年   9月
2017年   8月
2017年   7月
2017年   6月
2017年   5月
2017年   4月
2017年   3月
2017年   2月
2017年   1月
2016年   12月
2016年   11月
2016年   10月
2016年   9月
2016年   8月
2016年   7月
2016年   6月
2016年   5月
2016年   4月
2016年   3月
2016年   2月

2016年   1月




2015年   12月
2015年   11月
2015年   10月
2015年   9月
2015年   8月
2015年   7月
2015年   6月
2015年   5月
2015年   4月
2015年   3月
2015年   2月
2015年   1月
  
2014年   12月
2014年   11月
2014年   10月
2014年    9月
2014年   8月
2014年   7月
2014年   6月
2014年   5月
2014年   4月
2014年   3月
2014年   2月
2014年   1月