l>
TOP
教会の紹介
牧師の プロフィール
集会案内
年間行事
最新のご案内
これまでの説教

フォトギャラリー
アクセス・地図
リンク
これまでの説教

2017年2月26日 マルコによる福音書11:27〜33  
         「神に問われている」     田村 耕造


             

   創世記の3章9節にこういう言葉があります。「どこにいるのか」。元
 の言葉は「お前はどこか」です。神さまが私たちに向かって「お前はどこ
 にいるのか」と尋ねておられます。人間と神様とのかかわりは、神さまが
 私たちに問いかけられることから始まりました。その事に神さまと私たち
 の関係の基本があります。


   私たちには、神さまに問いたいことがいろいろ生まれてきます。しかし
 私たちは、神さまに問う前に神さまから問われています。お前はどこに
 いるのかと問われています。誰に一番本気に向き合って生きているのかと
 問われています。悔い改めているか、主イエス・キリストの恵みを受け取
 っているかと問われています。


   レントを迎えます。主が十字架に向かって歩んでくださった事を、特に
 心に留める期間です。私たちは、主の十字架の故に、至らない所をいろい
 ろ抱えていながら赦されて父なる神さまに向き合えるようになりました。
 主イエス・キリストの恵みです。感謝しながら受難節を過ごしていきまし
 ょう。




2017年2月19日 マルコによる福音書11:12〜25  
         「実を結ぶように」     田村 耕造


                 

   主は、「神を信じなさい」と言われました。私たちの信仰の人生を実り
 あるものにするためにそう言われました。神は、私たちの為なら山でさえ
 動かすことができる方。それほどに力ある方。そういう方として信じなさ
 いと言われました。


   それは言い方を変えたら、自分を信じなくていいという事です。自分を
 信じるより、父なる神さま信じなさい。当てにしなさいと言う事です。父
 なる神さまは、私たちが実りある人生を送ることについて、私たち以上に
 強く願っていて下さるからです。


   主が、十字架に向かわれたのはその何よりの印です。それによって、私
 たちは、罪赦されて神さまに祝福された人生、実りある人生を歩める者に
 されました。いつも喜ぶこと、感謝すること、祈ることができる者にして
 いただきました。神さまを信じ、主から頂いた実りを大事にする人生を歩
 み続けましょう。



2017年2月12日 マルコによる福音書11:1〜11  
         「子ろばに乗る王」     田村 耕造


          

   主は子ろばに乗られました。ろばは、愚かさと結びついた動物でした
 が、主の歩みはまさに愚かと言えるものでした。自分の事を少しも理解し
 ていない人たちのために、命を投げ出そうとされたからです。そんな人間
 に何でそこまでする必要があるのかというような事をされました。

  主は、命の危険を承知の上でエルサレムにやってこられ、聖書に預言
 されてように振る舞われました。王であるのに低くなって、子ろばに乗っ
 てエルサレムに入っていかれました。私たちにすれば、思いもかけなかっ
 た姿でエルサレムに入っていかれました。そして、十字架に向かわれまし
 た。


    しかし、そのような事があったので、私たちと天の父なる神さまとの
 関係が回復しました。天の父よと、呼びかけて交わりを持つことができる
 ようになりました。私たちの理解を超えた主の歩みが、私たちに大きな安
 心をもたらしています。私たちの目に愚かしく見える主の歩みに感謝いた
 しましょう。



2017年2月5日 マルコによる福音書10:46〜52  
         「上着を脱ぎ捨てて」     田村 耕造


                  

    バルティマイという目に障害を持った人が、主イエスに出会って、目
 が見えるようになりました。主イエスが見えるようになりました。主イエ
 スと無関係な人生は考えられなくなりました。人生が新しくされました。
 バルティマイの話です。しかし、私たちにも起こっていることです。


   私たちの信仰生活、平安な日ばかりではありません。不安に襲われるこ
 とがあります。落ち込むこともあります。しかし、そのままではありませ
 ん。平安を取り戻します。主が支えて下さっているからです。その事が見
 えるようになりました。バルティマイと同じです。


   ここにはバルティマイのことと共に、私たちのことも書かれています。
 ですから、バルティマイが言ってもらったことを、私たちも言ってもらえ
 る。「安心しなさい」と言っていもらえる。その事を信じて、大きな安心
 をもって歩みましょう。上着を脱ぎ捨てて、自分が持っている不確かなも
 のを捨てて、主を頼りにする新しい人生を歩み続けましょう。


2017年   1月
2016年   12月
2016年   11月
2016年   10月
2016年   9月
2016年   8月
2016年   7月
2016年   6月
2016年   5月
2016年   4月
2016年   3月
2016年   2月

2016年   1月
2015年   12月
2015年   11月
2015年   10月
2015年   9月
2015年   8月
2015年   7月
2015年   6月
2015年   5月
2015年   4月
2015年   3月
2015年   2月
2015年   1月



2014年   12月
2014年   11月
2014年   10月

2014年    9月
2014年   8月

2014年   7月
2014年   6月
2014年   5月

2014年   4月
2014年   3月
2014年   2月
2014年   1月






  
2013年  12月
2013年  11月
2013年  10月
2013年  9月

2013年  8月
2013年  7月
2013年  6月
2013年  5月
2013年  4月
2013年  3月
2013年  2月
2013年  1月