TOP
教会の紹介
牧師の プロフィール
集会案内
年間行事
最新のご案内
これまでの説教

フォトギャラリー
アクセス・地図
リンク
これまでの説教

2012年12月30日 ルによる福音書 2:22〜35
                            田村耕造


                  

  私たちは毎年、クリスマス礼拝を迎える前に、アドベントの期間を過ご
 します。「待つ生活」です。今年も3週間そういう時を過ごしました。しか
 し、ここに3週間どころでなく、とても長い間アドベントの時を過ごした人
 がいます。シメオンと言う人です。シメオンの生涯全体がアドベントで
 した。

 
 シメオンは、ひたすら「待つ生活」をしました。しかし、人生の晩年を
 迎えても待ち望んでいたことは起こりませんでした。シメオンは焦りを覚
 えたかもしれません。しかし、遂に願いが叶う時が訪れました。約束が忘
 れ去られたのではないかと思えた時に、神さまは約束を果たされました。


  信仰生活はクリスマス・シーズンに限らず、いつでも「待つ生活」です。
 神さまは、シメオンに対してなさったように、神さまの時が来たなら、「
 待つ生活」をする者のために事を起こして下さいます。その事を信じて、
 それぞれに課題を抱えていても、神さまが神さまのタイミングで、祈りに
 応えて下さることを信じて、新しい年を迎えたい。




2012年12月24日 ルによる福音書 2:1〜12
                            田村耕造


                      

  イエス様がお生まれになったベツレヘムの町は、住民登録をする人たち
 でごった返していました。そういう中、イエスさまはお生まれになり、家
 畜小屋の飼い葉おけに寝かされました。家畜小屋はどう考えても、すべて
 の人たちを救う方の誕生場所としてはふさわしくありません。しかし、こ
 こしか無かった!とルカ福音書は記しています。


  イエスさまはご自分の家に帰るように、この世界にお出で下さいました。
 しかし、居場所をもらえませんでした。最後には徹底して拒まれた。お前
 なんかいらない!と拒まれました。それなのに、拒んだ私たちのために、
 居場所を作って下さいました。私たちが、神さまの前に居れる場所を作っ
 て下さいました。


  この時代、社会の中に、また人によっては自分の家に居場所を見つけるこ
 とが特に難しいという状況が生まれています。しかし、神さまの前には、
 いつでも私たちの居場所があります。私たちがいていい場所があります。
 イエスさまによってそれが実現しました。その事を信じ感謝しましょう。
 



2012年12月2日 ルによる福音書 13:31〜35
                            田村耕造

                

  ある時、ファリサイ派の人たちが主イエスに向かって言いました。「ここ
 を立ち去ってください。ヘロデがあなたを殺そうとしています。」しかし
 、主は「自分はエルサレムに向かって行かなければならない」と言われま
 した。主は、時の権力者を恐れることなく、み心を成し遂げるために前に
 進もうとされました。


   不信仰な私たちは、神さまが時の権力者の前に無力な方に思える事があ
 ります。神さまが為そうとされることがはねのけられているように思える
 ことがあります。しかし、主は言われました。「私は今日も明日も、次の
 日も自分の道を進まねばならない。」み業は今日も明日もその次の日も進
 んで行く!ということです。

  主イエスは疲れを覚え、重荷を負うて歩んでいる私たちを支えて守るた
 めにこの世に来られました。その主を、私たちが拒もうとしたので嘆かれ
 ました。しかし、主が広げようとされる翼は、遂に私たちを覆い尽くすこ
 とになります。不信仰が赦されて、神さまの御守りの中で生きる事になり
 ます。私たちは、主にあって、今既にその恵みの中にいます。


2012年  11月
2012年  10月
2012年  9月
2012年  8
2012年  7月
2012年  6月
2012年  5月
2012年  4月
2012年  3月
2012年   2月
2012年  1月


2011年  12月
2011年  11月

2011年  10月

2011年  9月

2011年  7月

2011年  6月

2011年  5月

2011年  4月

2011年  3月

2011年  2月

2011年  1月