TOP
教会の紹介
牧師の プロフィール
集会案内
年間行事
最新のご案内
これまでの説教

フォトギャラリー
アクセス・地図
リンク
これまでの説教

2011年12月25日 ル 2:8〜20
                            田村耕造

  羊飼いたちが、いつものように夜野宿しながら羊の群れの番をしていた時、主の使いが近づいて、彼らを照らしました。彼らは、神さまを身近に感じて恐れました。日頃、生活に追われて神さまに心を向けることが余りなかったからです。しかし、神さまはそのような彼らに、重大な知らせをお与えになりました。救い主誕生の知らせです。

  彼らは、その知らせを信じて出かけました。そして、飼い葉おけに寝かせてある乳飲み子を見つけると神さまをあがめました。日頃神さまのことを心に留めることなく過ごしていた者たちが、神さまをあがめました。迷い出ていた羊飼いたちが、まことの羊飼いである神さまの元に導き返されました。

  羊飼いたちは、救い主に会った後、喜びをもっていつもの生活に帰っていきました。それからの生活は、それまでとは明らかに違うものになったことでしょう。神さまは、思いもかけない事をなさりながら、私たちのための業を進めて行かれます。そして、私たちの人生が喜びを伴うものにしてくださいます。



2011年12月18日 ル 1:57〜80
                            田村耕造


  ザカリヤはヨハネが誕生するまでの10か月ほど、沈黙の時を過ごさなければなりませんでした。その間、自分の人生を振り返ったことでしょう。そして、ある出来事を思い起こした時、神さまを信頼していなかった自分に気づきました。沈黙の期間がザカリヤを変えました。

  ヨハネが生まれて八日目のことです。生まれた子に名前を付けることになりました。親族一同は、慣例に従ってザカリアと名づけるとばかり思っていました。しかし、ザカリヤは、ヨハネにすると指示しました。その名は、神さまが願われた名前でした。ザカリヤには、沈黙の期間がアドベントの期間になりました。


   アドベントの時を過ごしたザカリヤには、神さまの大きな御業が見え始めていました。長年願った子供が与えられたという喜びを、はるかに超えた所で、我が子の誕生を喜びました。そこに神さまのまことに深い憐みを見出していました。そして、神さまのなさることをそのまま受け入れることができる者に変えられていました。



2011年12月11日 ル 1:39〜56
                            田村耕造

  マリアは急いでエリサベトの家に向かいエリサベトと挨拶を交わしました。神さまに用いられる喜びを知った者同士の特別な挨拶です。二人の喜びは、マリアの歌によく表れています。マリアは、自分の身に起こり始めたことを通して、神さまに導かれる人生を歩んでいることを思わされ、神さまを称えました。


  マリアの讃歌は、マグニフィカートと呼ばれています。マリアは、神さまを大きくして、自分を小さくする心で歌いました。それは、天井の高い礼拝堂に入った時、、自分が小さく感じられる感覚とつながりがあります。神さまが小さな者を用いて、大きなことをなさる事に驚きながら神さまを称えました。

  マリアが歩み始めた人生は、彼女が思い描いていた人生とは随分違っていました。しかし、マリアは自分の思いや願いを横において、神さまが願われる人生を歩み始めました。不安がありました。しかし、不安にまさる思いが与えられました。神さまを心からほめ称えることができました。幸いな人生が始まりました。



2011年12月4日 ル 1:26〜38
                            田村耕造

  老齢に達していた、エリサベトに子どもが与えられると告げられてから、6か月目のことです。マリアにこのようなことが告げられました。「あなたは、間もなく身ごもって男の子を産む。その子は、偉大な人になる。父祖ダビデの王座を引き継ぎ、永遠にヤコブの家を治める…。」

  マリアは、まだ結婚前でした。それなのに、間もなく子供が生まれると知らされ、驚き戸惑い恐れました。マリアにとって、御使いの知らせは、大きな試練でした。しかし、悩みぬいた末、決断しました。「自分には分からない事だらけだけれど、それでも、神さまを信じて進もう。」

  信仰に生きるという事は、自分には分からない事が起こっても、神さまを信じて生きようとすることです。マリアは、その信仰に導かれました。神さまが、自分の様な小さな者を用いながら、み心を実現していかれる。そして、私どもにとって最善のことをしてくださる。マリアはそれを信じました。

                                        

2011年  11月
2011年 10月

2011年  9月

2011年  8月

2011年  7月

2011年  6月

2011年  5月

2011年  4月

2011年 3月
2011年 2月

2011年 1月

2010年 12月

2010年 11月
2010年 10月
2010年 9月

2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月

2010年 5月
2010年 4月